Instagram APIの仕様変更に関して

Instagram Developer Documentation

To continuously improve Instagram users’ privacy and security, we are accelerating the deprecation of Instagram API Platform, making the following changes effective immediately.
We understand that this may affect your business or services, and we appreciate your support in keeping our platform secure.

>>Instagram APIは廃止予定だよ

These capabilities will be disabled immediately (previously set for July 31, 2018 or December 11, 2018 deprecation).

>>以下のやつはすぐ廃止しちゃうよ

The following endpoints are deprecated immediately:

Follows and Relationships
GET /users/self/follows
GET /users/self/followed-by
GET /users/self/requested-by
GET /users/{user-id}/relationship
POST /users/{user-id}/relationship
Commenting on Public Content
GET /media/{media-id}/comments (Deprecation not relevant when fetching comments for self media)
POST /media/{media-id}/comments
DEL /media/{media-id}/comments/comment-id
Media
GET /media/{media-id}
GET /media/shortcode/{shortcode}
Likes
GET /media/{media-id}/likes
POST /media/{media-id}/likes
DEL /media/{media-id}/likes
User Search
GET /users/{user-id}
GET /users/{user-id}/media/recent
GET /users/self/media/liked
GET /users/search
Subscriptions – to receive notifications when media is posted
Some information on Public Content returned through hashtag and location search will be removed – Name, Bio, Comments, Commenters, Follower Count, Following Count, Post Count, and Profile Picture

The following will be deprecated according to the timeline we shared previously:

>>以下のやつも廃止ね

Public Content – all remaining capabilities to read public media on a user’s behalf on December 11, 2018

>>Public Content — 残ってるやつは2018年12月11日に廃止だよ

Basic – to read a user’s own profile info and media in early 2020

>> Basic Userのプロフィールとメディアの読み込みは2020年初め頃廃止だよ

For your reference, information on the new Instagram Graph API.
>>代わりにInstagramグラフAPIができたから使ってね

InstagramグラフAPI - Instagramプラットフォーム - ドキュメンテーション - Facebook for Developers
InstagramグラフAPIの使用方法

Instagram APIはグラフAPI上に構築されている
エンドポイントはノード、ノードのエッジ、フィールドで構成される

ノード:
個人の利用者、写真、コメントなどの基本オブジェクト

エッジ:
オブジェクトをつなぐもの
通常は1つのオブジェクト(ノード)につながっているすべてのオブジェクトを返す際に使用

フィールド:
オブジェクトのプロパティであり、APIで返したいフィールドを指定
すべてのエンドポイントはgraph.facebook.comホスト経由でアクセス

アクセスするには、特定のアクセス許可を持つユーザーアクセストークンが必要
操作にはレート制限
結果はJSON形式で返され、ページネーション(カーソルまたは時間ベース)をサポート

CRUDの基本操作をサポート
しています。以下は、疑似コードでの操作例を使って構造をわかりやすく示しています。すでにグラ

ほとんどのエンドポイントはノード(オブジェクトID)
オブジェクトに関するデータ(fields)を返す

GET graph.facebook.com
/17895695668004550?fields=caption,media_type

応答:
{
“caption”: “Desk move day!”,
“media_type”: “IMAGE”,
“id”: “17895695668004550”
}

GET graph.facebook.com
/17841405822304914/media

応答:
{
“data”: [
{
“id”: “17895695668004550”
},
{
“id”: “17899305451014820”
},
{
“id”: “17896450804038745”
},
{
“id”: “17881042411086627”
},
{
“id”: “17869102915168123”
}
]
}

GET graph.facebook.com
/17841405822304914/media?fields=media_type

応答:

{
“data”: [
{
“media_type”: “IMAGE”,
“id”: “17895695668004550”
},
{
“media_type”: “VIDEO”,
“id”: “17899305451014820”
},
{
“media_type”: “CAROUSEL_ALBUM”,
“id”: “17896450804038745”
},
{
“media_type”: “IMAGE”,
“id”: “17881042411086627”
},
{
“media_type”: “IMAGE”,
“id”: “17869102915168123”
}
]
}

アクセストークン
APIを使用してデータにアクセスする場合は、ビジネスアカウントにリンクされたFacebookページの役割を持つ利用者のユーザーアクセストークンをクエリに含める必要があり

各エンドポイントでは、1つ以上のアクセス許可も必要

レート制限
ユーザー当たり1時間に200件の呼び出し
/media/commentsエッジでは書き込みがユーザー当たり1時間に60件

コメント

タイトルとURLをコピーしました