importxml

=importxml(url,xpath)
url と xpath は””で囲む
=importxml(“url”,”xpath”)

xpath取得方法

例:URL
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/search/quote.html?ric=1301.T

  1. Google ChromeでURL開く
  2. F12を押す、もしくは、表示→開発/管理→デベロッパーツール
  3. 左上の□↑を押す (select an element)
  4. 選んでクリックして右側の選択されてるところで右クリック
  5. Copy→Copy Xpath

//*[@id=”cbut3″]/div/div[1]/table[1]/tbody/tr[1]/td[1]/em

=importxml(“https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/search/quote.html?ric=1301.T“,”//*[@id=”cbut3″]/div/div[1]/table[1]/tbody/tr[1]/td[1]/em”)

xpath部分が””””(ダブルクオートダブルクオート)なので中はシングルに変更

=importxml(“https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/search/quote.html?ric=1301.T“,”//*[@id=’cbut3′]/div/div[1]/table[1]/tbody/tr[1]/td[1]/em”)

rakuten-secはデータが取れません。取れるサイトと取れないサイトがあります
(日本経済新聞とかはとれます)

ところがソースみてみると
<td class 〜というのがあります
これを

//td[@class=’cell-02′]

このように変更

コメント

タイトルとURLをコピーしました