扇子(センス)

Life (生活)

扇子 (せんす, Folding Fan, Japanese Fan)

おしゃれな”うちわ”です

扇子の種類:

1,檜扇(ひおうぎ)
檜扇とは檜の薄片を末広がりに綴り合わせ、手もとに要をつけ、先を絹の撚糸であみ綴った板扇であり、表に金銀箔を散らし、彩絵して束帯など、平安宮中の公の儀式の際の持ち物でした。木簡から派生したと考えられ、東寺の千手観音像の腕の中から発見された元慶元年と記された物が、我が国最古の檜扇とされている。当初は男性が用い、女性は「はしば」という団扇の一種を持っていましたが、次第に女性も檜扇を用い初め、宮中の女人が常に手にするようになりました。初めから装飾的役割が与えられていたが、特に女性が用いるようになってさらに彩り華やかな物になりました。国風文化が花開く中に優雅さと繊細さを加え、平安時代中期には、三重、五重(みえ、いつえ)と呼ばれる数多い矯数(骨数)の扇ができ、草花、人物などが彩られ、美しい彩糸を長く垂らしていました。
檜扇が普段使いに派生したモノを紙扇子と呼びます。

2, 蝙幅扇 (かわほり)
蝙幅扇(夏扇) 檜扇に次いで平安時代から作られ始めた紙扇で、竹を骨とし、片面に地紙(扇面用紙)を貼ったいわゆる片貼扇で、最初は骨の数も5本ぐらいであったが、長保年間(999~1003年)以前には、金銀泥箔に彩画・詩歌がしたためられ色紙の粋を尽くし、骨数も次第に増えた。その華やかさは、女子用檜扇にも劣らない物であり、男女間の文替わりの扇交換や宮中で侍臣に扇を賜る年中行事「扇の拝」の記録も平安初期に見られます。

3, 絹扇
絹扇 日本国内で発展した扇子が13世紀頃中国へ輸出され、シルクロードを渡りインドを経て遠くヨーロッパまで伝わりました。ルイ王朝社交界で扇子はヨーロッパ風にアレンジされ、象牙やべっこうを骨とし絹やレースを貼った洋扇子が独自に発展します。その後それは日本へ逆輸入され、ここからまた絹や綿布を貼った和風の絹扇が生み出されたのです。

4,

参考サイト
http://www.sensu-uchiwa.or.jp/sen/kindsensu.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました