創世記 1-3章

すべての始まりはここからみたいです

神が創造したもの
天地、光、昼夜、空、水、朝夕、海、植物、太陽、月、星、動物、人

6日で創造し、1日休む

人は土地のちりで造られた
人間の出発地点、東の方、エデンの園
いのちの木、善悪の知識の木がある
エデンの川は4つに分かれる
 ピション(ハビラへ流れる。金、ブドラフ、し まめのうがでる)
 ギホン(クシュへ流れる)
 ヒデケル(アシュルの東へ流れる)
 ユーフラテス

女性は男性のあばら骨から造られた

蛇現れる
神から食べてはいけないと言われている善悪の知識の木を食べるようそそのかす
2人は食べて、目が開かれる
蛇憎まれる
女性は男性に支配され、産みの苦しみ与えられる
男性は働かなければならない

ちりから出来たものはちりに帰る

エバ。すべて生きているものの母

神はアダムとエバをエデンの園から追放
いのちの木への道を守るため、ケルビムと輪を描いて回る炎の剣を置く

コメント

タイトルとURLをコピーしました