ピーター・ドラッカーのまとめ

Business (ビジネス)

ピーター・ドラッカーって誰?→

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー
(Peter Ferdinand Drucker、1909年11月19日 – 2005年11月11日)
オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者
「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者
詳細はWikipedia

自己表現

 確かな目標とビジョンを持って自分の道を歩む

 常に完全な仕事を目指す

 3カ年勉強計画の実行

 自分の仕事を評価しフィードバックする

 新しい仕事では課題や貢献を一から考える

 他の人を素晴らしい人にすること

 目標・ビジョンを持つ

 真摯(しんし)さ誠実さを重視

 継続学習を実践する

 自分の仕事を評価する仕組みを作る

 新しいことは要求されるものを徹底的に考える

 強み:自分の強みを把握しろ

  フィードバック分析

  仕事の仕方

  学び方

  価値観

 時間:時間を分析管理しひとまとめにしろ

  分析

  管理

  まとめる

 目標:明確なビジョン・目標を持て

  貢献に焦点を置く

  目標による自己管理

  目標管理とコミュニケーション

 集中:強みを目標に集中しろ

  一時に1つに集中

  正しい意思決定

 組織とマネージメント

  組織社会の機関ニーズを満足させる

  組織の目的を達成・成果を上げさせる

  =マネージメント

組織は構成メンバーから成る

はじめにすること:

 組織がどこに向かおうとしているか深く考えること

組織の成果に寄与しないものは個人の成果にもならない

組織の目的から個人の目標を導き出す

組織の業績に影響を与えるような貢献は何か?

貢献とは

 直接的な成果

  売上

 価値の創造と価値の再認識

  マーケティング、イノベーション

 明日のための人材育成

具体的な成果は実現可能で、かつ困難なものを設定

目標管理(目標と自己管理によるマネージメント)

個人の目標設定互いが目標語るズレの修正

コミュニケーション成立

強み

フィードバック分析

 何か意思決定する際、期待する結果を書き留める

 9ヶ月ー1年後、実際の結果と比較

 比較分析から強みを把握する

もっとも重要なことから始める

一つのことに集中する

コメント

タイトルとURLをコピーしました